福岡県大野城市若草【通気胴縁打ち】

query_builder 2017/03/21
想家工房ブログ
IMG_4380

大野城市若草の新築工事の状況です!

今回は別記事でお伝えしている、【透湿防水シート】の上に貼りつけている

【通気胴縁】についての紹介です。

 

 

上写真の「タイベック」と書かれているシートが、【透湿防水シート】と呼ばれるものです。

性質はその名の通り、「湿度は通して水の侵入を防ぐ」役割を持っており、

家の防水機能における※二次防水の機能を果たしています。

※二次防水とは..一次防水機能を果たす外壁等でも防ぎきれないものを

構造体に入らないようにする、防水層の最後の砦という重要な役割をもっています

 

そして【通気胴縁】は一次防水(外壁)と二次防水(防水シート)の間に入ります。

 

上写真の防水シートの上に貼られている木材が胴縁です

 

そもそもナゼ【通気胴縁】は必要なのか?

 

【通気胴縁】の役割は外壁と断熱材の間を、

空気が通り抜けられるようにする為の「通気層」を作ることにあります。

 

 

 

通気層に空気が通ることで、壁体内の湿気が排出され、結露の防止や、断熱効果の向上、建物の耐久性能にも影響します。

今回の住宅の外壁がサイディング仕上となるのですが、外壁材と外壁材をつなぐためのジョイント部分から雨水が

侵入した際の排出路ともなる為、非常に役割が大きいものとなります。

 

 

雨漏り事故はきちんとした知識を持っていないと対処が難しいものです。

 

お家づくりを考えられている方は、少しずつ家の仕組みを知っていくことで、

建築会社さんに気になった点をどんどん質問でき、自分の目で建築中のお家を見た時に

より安心できるようになりますので、1つずつ知識を深めていきましょう!

The post 福岡県大野城市若草【通気胴縁打ち】 first appeared on 想家工房.

----------------------------------------------------------------------

想家工房株式会社

住所:福岡県筑紫野市針摺東1-6-3

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG