住宅の熱の出入りは開口部の影響が大きいです!

query_builder 2023/12/07
注文住宅新築高気密高断熱想家工房ブログ新着情報
022_住宅の熱の出入りは開口部の影響が大きいol

住宅の夏場と冬場の開口部(窓やドアなど)の設計は、室内の熱環境に大きな影響を与えます。開口部の熱の流入割合は大きく

夏場では「73%」冬場では「58%」に及びます。


夏場の開口部の熱の出入り: 日射量の調整: 夏季には外部からの日射熱が問題となります。開口部の設計では、日射を制御できるようにすることが重要です。遮熱デバイス(ブラインドや日よけ)やLow-Eガラスなどの利用が考えられます。


通風の確保: 開口部を通して十分な換気を確保することが重要です。風の通り道を考慮し、適切な位置に窓や通気口を配置します。


断熱材の利用: 外部からの熱を防ぐために、開口部周りに断熱材を効果的に使用することが重要です。


冬場の開口部の熱の出入り: 日射取り入れ: 冬季には逆に日射を有効に取り入れ、室内を温暖に保つことが求められます。南向きの窓などが有効です。


断熱性の確保: 冬季は室内の暖房が必要ですが、外部からの寒気の侵入を最小限に抑えるためには、開口部の断熱性を高めることが必要です。


気密性の向上: 開口部周りの気密性を向上させ、外気の浸入を防ぐことが重要です。


適切な窓ガラスの選定: 低放射率ガラス(Low-Eガラス)や二重窓など、適切な窓材を選定することが重要です。開口部の設計や対策は、建物の立地や気候条件に合わせて行う必要があります。また、エネルギー効率を向上させるためには、断熱や通気、日射調整などが総合的に考慮し。高気密高断熱の住宅を建築しましょう!

----------------------------------------------------------------------

施工エリア:福岡市(中央区・博多区・南区・西区・早良区・東区)・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町・糟屋郡(粕屋町・宇美町・志免町・須恵町)・筑豊地区(飯塚市・田川市・田川郡・嘉麻市・嘉穂郡)・筑後地区(久留米市・小郡市・みやま市・八女市・筑後市・大川市・柳川市・うきは市・三井郡・三潴郡・大牟田市近郊)・朝倉市・甘木市・朝倉郡・佐賀県一部(鳥栖市など)

【想家工房株式会社】

【住所:福岡県太宰府市宰府5-20-15】

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG