スマートハウスの費用

query_builder 2024/01/30
注文住宅新築高気密高断熱想家工房ブログ施工例
des_img01

HEMS (home energy management system)というシステムを用いて家庭の設備や家電をコントロールし、消費エネルギーを最適化する住宅のことを「スマートハウス」と呼びます。

スマートハウスは、創エネ・蓄エネ・省エネの3つで運用しており、それらを管理・コントロールするのがHEMSです。 エネルギーをシステムでしっかり管理することで、エネルギー消費の無駄を削減でき、結果的に光熱費削減にも繋がります。

HEMSの国内普及率はまだ低い現状にありますが、政府は2030年までにHEMSの全世帯普及を目指しています。 また、自宅でエネルギーを作り出し、蓄電池でエネルギーを貯蓄し、効率的にエネルギーを使えるスマートハウスは、CO2排出削減の面でも評価されているのが特徴です。スマートハウスは、創エネ・断熱・HEMSを主軸に、光熱費削減や環境への優しさを追求した次世代の住宅として注目されているのです。

img02

メリット

スマートハウスを選ぶメリットご紹介します。 住宅内で使うエネルギーを自家発電できる スマートハウスは、太陽光発電をはじめとする住宅設備で電気を作り出せます。電力会社から電力を買う必要がないため、光熱費の大きな削減に繋がります。 作り出した電力は、住宅用蓄電池による蓄エネで貯めておけるので、夜間でも電気を使用可能です。 さらに、自家発電が可能なスマートハウスでは、災害時の停電などにライフラインを確保できるのも大きなメリットとなります。 蓄電池は非常用電力として使用することもできるため、防災を重視している方にもおすすめできる住宅です。

太陽光発電の設置費用はどれくらいかかる?

住宅にHEMSを導入すると、家庭内で使っているエネルギーを見える化することができます。 たとえば、太陽光で発電したエネルギーや、蓄電池に貯めたエネルギーを確認したり、各部屋でどれだけの電力を消費しているのかを確認したりと、具体的な数値で細かくチェックすることが可能です。

発電量と使用電力量を数値で見ると、家庭で必要な電力と無駄な電力を把握することができるため、より効率良くエネルギーを使うことができます。 エネルギーの無駄を省くと節電が叶うだけではなく、CO₂排出量も減らせます。快適な暮らしを維持しながら、環境に優しい暮らしを実現できるでしょう。

また、HEMSに対応している電化製品と連携させると、スマートフォンやPCによる遠隔操作や自動制御が可能です。 自動制御を活用すると、家電が室温やセンサーと連携して最適に稼働します。消費電力の大きいエアコンや照明などの稼働を最適化すれば、無駄な消費電力を最小限に抑えられます。

家族みんなでこまめな節電を意識しなくても、HEMSによる自動制御があれば、自然に節電と節約が実現するでしょう。

デメリット

初期費用・メンテナンス費が高い 発電設備や蓄電池、HEMSなどの導入には高額な初期費用がかかります。

太陽光発電システムの設置費用は、2020年時点で1kWあたり28.6万円が平均になっており、システム容量が5kWの太陽光発電を設置する場合、143万円ほどの費用がかかります。 上記の費用に加えて、HEMSや蓄電池などの設備費用も入れると、初期費用だけで数百万円が必要となるでしょう。 初期費用は設備のメーカーや工事業者、太陽光パネルで発電できる量によって異なります。選び方によっては高額になることも考えられるので、慎重に検討してください。

また、太陽光発電システムは発電量の維持や安全のため、3~4年ごとに1回のメンテナンスが必要となります。5kWの設備の場合、1回あたりのメンテナンス費用は約2.8万円程度が相場です。 さらに、太陽光パネルや蓄電池、HEMSには寿命があるため、一定の耐用年数を超えたら交換しなければいけません。 たとえば、太陽光発電に必要なパワーコンディショナーは20年間に一度は交換され、20.9万円ほどの費用がかかります。このように、スマートハウスの導入や維持には、高額な初期費用とランニングコストがかかることを理解しておきましょう。

さらに、想定の電力量が生まれない可能性があります。太陽光による発電は、天候の影響を受けやすい点がデメリットです。

雨や曇りなど日射量が少ない日が続くと、十分な電力を確保できないケースがあります。 また、余剰電力を売電したいと考えている方も多いでしょう。しかし、売電できるほどの余剰電力は、毎日必ず生まれるとは限りません。 「売電すれば節約ができておトク」と期待していても、スマートハウスの立地条件や地域の天候・環境によっては、結果的に損をしてしまうこともあるので慎重に相談して決めることが大事になってきます。

スマートハウスの補助金・助成金

設備の導入には高額な初期費用がかかりますが、各自治体ではスマートハウスを促進するため、補助金を交付していることがあります。

スマートハウスに必要な太陽光発電システムや蓄電池などの設備を導入するとき、初期費用の一部を補助してくれるのが自治体の補助金制度です。補助金制度を活用すれば、設備を導入するハードルがグッと下がります。スマートハウスを検討中の方は、ぜひ補助金を申請しましょう。

ただし、交付の要件や予算額は自治体によって異なります。また、住んでいる地域によっては補助金制度がなかったり、終了していたりする場合があるため、あらかじめ自治体に確認しておくと安心です。

----------------------------------------------------------------------

施工エリア:福岡市(中央区・博多区・南区・西区・早良区・東区)・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町・糟屋郡(粕屋町・宇美町・志免町・須恵町)・筑豊地区(飯塚市・田川市・田川郡・嘉麻市・嘉穂郡)・筑後地区(久留米市・小郡市・みやま市・八女市・筑後市・大川市・柳川市・うきは市・三井郡・三潴郡・大牟田市近郊)・朝倉市・甘木市・朝倉郡・佐賀県一部(鳥栖市など)

【想家工房株式会社】

【住所:福岡県太宰府市宰府5-20-15】

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG