気象病を引き起こすは気圧の変化

query_builder 2023/11/09
注文住宅新築高気密高断熱
気圧病

日本の屋外の平均気圧は1013hPaです。気象病は、気圧・気温・湿度など気象の大きな変化によって自律神経が乱れることが原因で起こると考えられています。特に、気圧の変化による影響がとても大きいと言われていて、その中でも"気圧が低下するとき"に症状が出やすいと言われています。


当社が取り扱っている「Smart2030零和の家」の室内は「正圧」により、年中、温度・湿度・気圧が一定であり、高気密高断熱でもあるので気象病が表れにくい健康に寄与した住宅となっております。特に福岡県では黄砂やPM2.5などによる被害も大きいので正圧による外部からの害影響の遮断は非常に効果的です。

----------------------------------------------------------------------

施工エリア:福岡市(中央区・博多区・南区・西区・早良区・東区)・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町・糟屋郡(粕屋町・宇美町・志免町・須恵町)・筑豊地区(飯塚市・田川市・田川郡・嘉麻市・嘉穂郡)・筑後地区(久留米市・小郡市・みやま市・八女市・筑後市・大川市・柳川市・うきは市・三井郡・三潴郡・大牟田市近郊)・朝倉市・甘木市・朝倉郡・佐賀県一部(鳥栖市など)

【想家工房株式会社】

【住所:福岡県太宰府市宰府5-20-16】

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG