想家工房の”基礎”造り

query_builder 2018/04/20
想家工房ブログ
DSC04960

本日2度目の記事!

前回の記事で「シロアリ予防」についてお話しましたので、

今回は家の土台を支える重要な「基礎」部分についてお話したいと思います!

 

 

想家工房の基礎造りは”ベタ基礎施工”

木造住宅を建築する時に、建物の一番下の支えになる木材を「土台」と呼び、

さらにそれを支えるコンクリートを「基礎」と呼びます。

 

つまり基礎は建物の構造に大きくかかわる箇所であり、

耐震強度にも大きく影響します。

 

想家工房では、高い強度を持ち、土壌の湿気やシロアリを建物内部に通さない

「ベタ基礎」を採用しています。

 

木造住宅の基本となる基礎は「布基礎」と呼ばれ、

木部である「土台」を支える部分にのみコンクリート基礎を立てるやり方で、

「ベタ基礎」はそれ以外の建物の内側全ても基礎で固めます。

 

外周部分の厚みは一般的な120mmより30mm厚い、

150mmを標準とし、強化な基礎造りになっています。

 

 

“基礎断熱を標準で”

壁や天井に断熱施工を行うのは当然ですが、

想家工房では「基礎断熱」施工も行っています。

建物の、どの箇所からも外気(気温)を遮断し、快適な住まいの重要な役割を担っています。

 

久しぶりに基礎造りに触れました。

私たちからすると文字通り基礎で当たり前のことでも、

お施主様にとってはすごく気になるところですよね。

 

これからももっと想家工房の家づくりを、分かりやすく

お伝えしていきます^^

 

何かリクエストがありましたらお気軽にご連絡下さいませ♪

 

それでは!

 

 

The post 想家工房の”基礎”造り first appeared on 想家工房.

----------------------------------------------------------------------

想家工房株式会社

住所:福岡県筑紫野市針摺東1-6-3

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG